ひとは服装で出来る人と判断している。

街を歩いている時、何気なくウインドーを見ると、そこに映っている中年の疲れておっさんを見ることはありませんか?
自分の姿勢のだらしなさを実感するときです。

鏡に映った自分に愕然と・・・!

ウインドウ.jpg


自分の体格が、若いころからの身長や体重が、それほど変わっていないとおもっている人でも、

鏡に映る自分のスタイルが、以前より野暮ったく不格好に見えることは珍しくありません。

それほど太ってもいないのに印象が変わってしまったのならば、それは姿勢の悪さに原因があります。

姿勢の悪さは、身体の歪み、ねじれとなって現れます。

重心がずれることで腰や胸がねじれてしまうのです。

ミドルエージ、それなりに社会的な立場も上り、収入も増え、身だしなみには気を遣い、ブランド品なども身に着けてはいるのでしょう。
しかし、姿勢が悪ければ、どのような高級品を身に着けていても、だらしなくダサく見られます。

典型的な中年のおじさんの体型(スタイル)

1後傾体.jpg

ひとは年齢を重ねるとともに、体型が変化してきます。

歳を経ることによる体力の衰えからくる、筋肉の緩み。
永年に亘って携わってきた仕事による、身体のゆがみ。
趣味(職業)のスポーツに打ち込んできた、筋肉の異常発達。

様々の理由から体型が変わっていきます。

身長、体重にそれほど変化がなくても、筋肉や脂肪の付く場所が変わってくることによって、着にくい!なんかダサい!と言う感じがするのです。

顎を突き出し、背中を丸め、手をだらりっと、下腹を前に、腰を落として、蟹股で歩いている姿・・・おっさんスタイルです。
 

見た目の判断。第一印象

アメリカのある大学の研究機関によると「ひとは顔より服装で、その人が仕事が出来る人かを判断している」と発表していました。

シニアダブル.jpgミドルエイジになれば、身体の歪みやねじれで姿勢が悪くなるのはある意味仕方がないことです。

年齢を重ねるごとに、人の身体にはクセがついてくるものです。
若いころには均整の取れた体つきだった人も、スポーツに打ち込んだり、仕事に勤しんだりしていれば、自然とどこかしら歪みが生じてきます。

避けられないものではありますが、

歪みは体のバランスを崩し全身のシルエットに悪影響を及ぼします。

 

姿勢の悪さは、他人からの印象を大きく左右します。

 ビジネスの場での、信用にも繋がってきます。

そのままでは、スーツを着ても引きつれやシワが出て美しくありません。

ハンドメイドで、体型に合わせて創るオーダースーツは、バランスの悪さからくる見た目の不具合を、カバーしてきれいで、バランスの良いスーツを創ります。

フルオーダーで自然に体型カバー

1後傾体マニプレーション.jpg体型が変われば、その変わった体型に合ったスーツを着ることです。

背中が丸く、下腹を突き出した体型を「逆S型」後傾体と言います。

1、背幅を広く、長くして、後ろ裾の撥ねを解消します。
2、胸幅を少なく、短くして、Vゾーンの浮きを押さえます。
3、前裾を長くしてフロントの重なりを戻します。
4、細腹(脇下)でラインをテーパーします。
5、袖付けを少し前に付けます。
以上のようにマニプレーションmanipulation(巧みな扱い)をすることによって、身体に無理なくフィットした上着を着ることが出来ます。
これが「ハンドメイド」オーダーならではの技です。

横から見ると、背中の丸味やお腹の張り出しも自然に包み込んだ逆Sライン。
袖も嫌なシワもなく、無理なく動かせる。
前から見ると、Vゾーンも落ち着いて、腕と脇の間から向こうが見渡せるスリムなライン。

お洒落でダンディーなミドルエージが、そこにいます。

その人のために、職人がハンドメイドで創る

フルオーダースーツは、たった一人のお客様ために職人がフルハンドで誂えるものです。

的確な採寸と、左右対称のパーツを仮組みして行う仮縫い

その後の補正の行程で左右のバランス・ゆがみ・ねじれを調整。

その人のシルエットを最大限に美しく見せる技を私たちは持っています。

ミドルエイジの貫録を、魅力に変えるのはハンドメイドのスーツなのです。

いざという時、勝負服です。

まずは、ヴィンテージの生地でお試しください。

 

 


お洋服のことならお気軽に何でもご相談ください。

メールはこちら
メール
パソコンやメールが面倒な方、お急ぎの方は、
お気軽にお電話またはファックスをください。
 電話 & ファックス 075-721-0880
 年中無休       
朝8時~夜10時

▲このページの一番上に戻る

内臓脂肪の撃退法