ディレクターズスーツの着こなし術

ディレクターズスーツディレクターズスーツ(昼の準礼装)

発案者 イギリス国王エドワード7世

以来、欧米では重役の執務服として流行していました。

 

☆オフィシャルバランス

結婚式、披露宴、祝賀会などモーニングに準ずる。

18;00までの披露宴にも着用できます。

*弔事には近親者も着用することもある。

 

☆スタイリング

オフホワイトのベスト上衣はシングルorダブルのブラック、ダークグレーやネイビーブルー。    衿はピークドラペル。

スラックスは縞のコール地を合わせます。

ベストは共地orグレー、オフホワイト。                  

*弔事は必ず共地。

 

☆シャツ&ネクタイ

morning.v.jpg◆シャツは必ず白無地。

 ウイングカラーorレギュラーカラー。 

 カフスはダブルカフスorコンバーチブル

◆ネクタイは白黒の縞柄orシルバーグレーの結び下げ。

*弔事はシャツはレギュラーカラー。ネクタイは黒無地。

 

☆ジュエリー

オニキスのカフス真珠、白蝶貝など白い石。台はゴールドorシルバー。最近では黒蝶貝、オニキスもOK。

ネクタイにはタイタックをつける。
*弔事は黒で統一、金属はシルバー。

 

☆着用する人

新郎、父、仲人、親族。

主賓、列席者。

教頭先生。

喪主。

 

☆靴

オックスフォード(短靴)黒のキッドorカーフの紐結びタイプ。またはドレッシーなプレーントウのスリッポン。

オックスフォード(短靴)薄底でコバの出ていないもの。

 

☆小物

ポケットチーフ◆ポケットチーフは綿はスリーピークorツーピーク。シルクはクラッシュドスタイル。

*弔事は使用しない。

◆手袋は白orグレー。絹、綿またはスエード。

coal.p.jpg◆靴下は黒地。絹、綿またはナイロン。

*弔事は黒無地。

◆帽子着用の時はボーラー(山高帽)orホンブルグハット。

 

☆ワードロープ

手持ちのブラックスーツに縞のコールズボンとオフホワィトのベストを追加して置けば、いつでも「ディレクタースーツ」として着られます。

※今、一番話題のトレンドな礼服です。

資料:日本フォーマル協会 他

 


 

yagou3.gifが お勧めする礼服地

☆№ MR-1 スーパーブラック(MONCADA)

スーパー100'S 3シーズン対応の極薄ウールモンカーダ.jpg

漆黒の艶よく、しなやかなお勧め品です。

【ブラックジャケット(シングル)】

 ・ ハンドメイド仮縫付お仕立上り 

                                   \118,000

※その他、フィンテックス、ドーメル、ハーディーエイミスなど豊富に取り揃えています


【オプションプライス(別途工賃)】

共地ベスト      \40,000   

ダブルブレスト    \10,000  UP (本体価格)


☆ № 2100 コールズボン (チョーダイ)

モーニングコートやディレクタースーツに着用する縞柄のスラックスです。

【コールズボン】コールズボン.jpg

ハンドメイド仮縫付お仕立上り

インターネット・スペシャルプライス\47,000(本体価格)

   

 

☆ № 8090フォーマル用ベスト地 

極薄ソフトなホワイトベスト専用の生地です。

慶事のモーニングコート、ディレクタースーツや燕尾服に着用します。

【オフホァイト替ベスト】ベスト地.jpg

ハンドメイド仮縫付お仕立上り

インターネット・スペシャルプライス\35,000(本体価格)

 

【ディレクタースーツ (M1使用標準価格)

ジャケット \118000+ホワイトベスト\35,000+コールズボン\47,000=\200,000(本体価格)

※その他、お求めやすい価格からハイクラスの生地まで豊富に取り揃えております。


 

※一口に黒と言ってもいろいろな黒があります。

 素材、、シーズンの生地によって染め上った黒色は違って見えます。

その中でも、漆塗りを施したような黒色が最高級品とされています。

フォーマルスーツをお召しのシーンは周りもすべて黒色です。

黒の色艶。

生地の善し悪し。

身体にフィットしているか。

借りた物か、オリジナルか、が一目瞭然です。

その中で、あなたを引き立たせてくれるのは、漆黒のフォーマル用に織った生地と、あなたの身体にフィットしたオリジナルなフォーマルスーツを着ることです。

フォーマルスーツをお求めのときは、日常的なスーツより1割以上のご予算UPをお勧めします。

出来る男のあなたが、より引き立ちます

 

ご自宅・オフィスなどに、一着からでもお伺いいたします。

※出張費無料。但し、100キロ超は交通費実費をご負担お願いします。

 

関連する記事:

 


お洋服のことならお気軽に何でもご相談ください。

メールはこちら
メール
パソコンやメールが面倒な方、お急ぎの方は、
お気軽にお電話またはファックスをください。
 電話 & ファックス 075-721-0880
 年中無休       
朝8時~夜10時

▲このページの一番上に戻る

内臓脂肪の撃退法