タキシード(ディナージャケット)の着こなし術(ドレスコード)

スタンダードな夜の正礼装。  クルーズツアーの必需品
タキシード1.jpg

 

タキシードorディナージャケット

(夜の正礼装)

燕尾服の裾を切り、ジャケット風に仕立てられています。

タキシード(アメリカでの言い方)

1886年10月10日タバコ王ピエール・ロリラート4世が当時の上流階級を集めて、第1回「タキシードクラブ」を開催した時に来ていた燕尾服を短く切った服を着ていたところからタキシード」と呼ばれるようなりました。
 

ディナージャケット(ヨーロッパでの言い方)

1870年頃ヨーロッパの社交界では燕尾服を短く切ったスーツで高級カジノで寛いでいるとき着ていた「スモーキングジャケット」が変遷してディナーにも着るようになり「ディナージャケット」呼ばれるようになりました。

オフィシャルバランス

飛鳥.jpg

晩餐会、披露宴、記念行事、祝賀会などのパーティー。

海外の格式高いホテルのディナー。

海外の格調高いカジノ。

外国航路(クルージング)でのディナーやパーティー。

※招待状のドレスコードに『ブラックタイ』と指定の場合は必ず着用します。

(注)昼間の結婚式では着用できません。
 

着用する人

IMG_20200318_0002.jpg

 

新郎、父、仲人、親族。

 

主賓、列席者。

 

クルージングの乗客(必須)

スタイリング

IMG_20191014_0005_0001.jpg

 

 

上着は、シングル一つの拝み釦orダブルブレスト。

衿は、ショールカラーorピークドラペルに拝絹をつける。

ショールカラーはアメリカに、

ピークドラペルはヨーロッパで多く着られています。

 

黒色で統一する。

 

※拝絹は、夜のほのかな光の反射で顔を引き立たせます。

 

 

 

カマーベスト1.jpg kama-bando .jpg

シングルの時はカマーバンドorカマーベストを着ける。

 

 

 

一口メモ

ファンシータキシード.jpg

◆ ファンシータキシードやスペンサージャケットは、よりプライベートなソサエティーフォーマルとして利用が広がっています。

 

 

◆カマーバンドは1892年、英領インドで、若い将校たちが夜会に燕尾服のウエストコート代わりとして、メスジャケットに付けて登場したのが始まりと言われています。

ヒダは上向きに付けます。ポケットの代わりとしてコインやチップを入れることに使われます。

側章200.png

◆礼服は基本的にベルト(ループ)は付けません。サスペンダーは黒色を使います。

 

◆ スラックスは、脇縫い目に側章を1本つける。

シャツ&ネクタイ

ひだ胸シャツ200(RGB)(noise_scale)(Level1)(width 250).jpg

シャツの色は白。

ウイングカラーorレギュラーカラー。

前身頃はプリーツ、フリル、レースなどのドレスシャツを合わす。

比翼仕立てorスタッドで前立てを留める。
 カフスはダブル。

黒の蝶ネクタイ(ドレスコードのブラックタイ)

 

 

※間違っても、ホワィトタイを締めないでください。ウエイターと思われますよ。

ジュエリー

jewelry.g.jpg

 

スタッドとカフスボタンのセットの

黒蝶貝orオニキス。

 靴

i-img1200x660-153482608178rpez1309.jpg

 

黒エナメル

プレーントウのパンプスorスリッポン。



 

小物

p.cheef.jpg

ポケットチーフは、シルクor綿。
 クラッシュドorパッフドスタイル。

手袋は、白、グレー。

シルク、綿やスエード。

 

靴下は、黒地。

シルク、ナイロン。

 

帽子は、ボーラー(山高帽)orホンブルグハット。

                           資料:日本フォーマル協会 他   


yagou3.gifが お勧めのタキシード用の服地

№ MR-1  スーパーブラック(MONCADA)

礼服黒.jpg

スーパー100'S 

3シーズン対応の極薄ウール

漆黒の艶よく、しなやかなお勧め品です。

ハンドメイドオーダー仮縫付お仕立上り 

  275,000円(税抜250,000円)

 ※その他、フィンテックス・ドーメル・ハーディーエイミスなど豊富に取り揃えています

※下取りも承っております。

ご自宅・オフィスなどに、一着からでもお伺いいたします。

※出張費無料。但し、100キロ超は交通費実費をご負担お願いします。

 

 

 

 

関連する記事:

 


お洋服のことならお気軽に何でもご相談ください。

メールはこちら
メール
パソコンやメールが面倒な方、お急ぎの方は、
お気軽にお電話またはファックスをください。
 電話 & ファックス 075-721-0880
 年中無休       
朝8時~夜10時

▲このページの一番上に戻る