ブラックスーツ(ダークスーツ)の着こなし術

ブラックスーツここで言う「ブラックスーツ」とは日常的なスーツの黒色とは異なり、礼服用の素材(生地質、色)を使用します。

従って、このブラックスーツはビジネスには適していません

 

☆オフィシャルバランス

昼夜間を問わず、冠婚葬祭すべてに着用。

オールマイティーの略礼服。

※夏用と冬用の2着はワードロープにご用意ください。

☆ドレスコード

「平服」と指定しているときは基本的にはこのスーツを着用。

 

☆コーディネート

昼間はディレクタースーツに、夜間はタキシードに準ずる。

但し、日本国内だけに限る

*通夜には喪主も着用。

 

☆スタイリング

シングルブレストorダブルブレスト。黒無地orミッドナイトブルー、チャコールグレー

ベンツはノーベンツ。(礼服にはベンツはありません)
 

ベストは共地、グレー、ホワイトのシングルorダブル。気軽なパーティでは色柄をお楽しみください。

◆弔事は黒共地。
 

スラックスの裾は必ずシングル

 

☆シャツ&ネクタイ

bureckeri.jpg◆シャツはレギュラーカラー。カフスはコンバーチブルorシングル。

◆ネクタイは白黒の縞柄。白、シルバーグレーやパステルカラーの織り柄など。

 

◆弔事のネクタイは黒色。シャツのカフスはシングルでも構わない。

 

筆者の一言

このスーツを着るシーンの参列者のほとんどが黒一色。

ネクタイだけを慶事には白、弔事には黒とみんな同じコーディネートをしておられます。

見かたによれば、異様な雰囲気です。

慶事の場合だけでもあなただけは、ちょっと工夫をされてはいかがですか。(縞柄やピンク、ベージュなどのペーズリー柄など・・・)

 

☆ジュエリー

オニキス真珠、白蝶貝など白い石。台はゴールドorシルバー。最近では黒蝶貝、オニキスもOK.

ネクタイにはタイタックをつける。
 

◆弔事では付けない。

 

 

☆着用する人

列席者。
褒章を受ける人(中授章以下)
喪主。(通夜)

 

☆靴

オックスフォード(短靴)黒のキッドorカーフの紐結びタイプ。
またはドレッシーなプレーントウのスリッポン。

オックスフォード(短靴)薄底でコバの出ていないもの。

 

 

 

 

☆小物

3peak.jpg◆ポケットチーフはトライアングル。
*弔事は使用しない。

◆靴下は黒地。絹、綿またはナイロン。
*弔事は黒無地。

 

☆ブラックスーツ

ブラックスーツを略礼服として着用するのは、日本国内だけだと理解してください。

欧米では略礼服と言う概念は存在しません。

その時々に於いてのTPOそしてドレスコードが決められています。

黒色の服は普段着としてよく着られていて、少し改まった席ではミッドナイトブルーやチャコールグレーを着ているようです。

(注) 海外ではくれぐれも礼服として「ブラックスーツ」を礼服として着用しないでください

 

日本での「ブラックスーツ」というのは、古来から正式礼装としての和装の黒紋付きに由来していると言われています。

改まった席で、洋装の黒色のモーニングを着る程でもない場合に着る服(略礼服)として、同じ黒色のスーツ「ブラックスーツ」が愛用されてきたのではないかと思われます。

海外で、礼服を着る機会のない筆者を含めて多くの日本人には「ブラックスーツ」は略礼装として日本的文化の必須アイテムです。

特に通夜、葬儀の服装としても必須アイテムです。

 

男30歳または結婚していれば、社会的には一人前の大人と見なされます。

ワードロープとして、クローゼットの中にご用意してください。

 

資料:日本フォーマル協会 他

 


 

たなかがお勧めする礼服地

☆№ M-R 5 スーパーブラック(MONCADA)

スーパー100'S 3シーズン対応の極薄ウールモンカーダ.jpg

漆黒の艶よく、しなやかなお勧め品です。

【ブラックスーツ(シングル)】

 ハンドメイド仮縫付お仕立上り 

  オフィシャルプライス¥193,000

  インタネットスペシャルプライス ¥173,000(本体価格)

 

※その他フィンテックス・ドーメル・ハーディーエイミスなど豊富に取り揃えています

 


【オプションプライス(別途工賃)】

三揃え(3P)のベストは\40,000     ダブルブレストは\10,000 UP

 

※その他、お求めやすい価格からハイクラスの生地まで豊富に取り揃えております


 

※一口に黒と言ってもいろいろな黒があります。

 素材、、シーズンの生地によって染め上った黒色は違って見えます。

その中でも、漆塗りを施したような黒色が最高級品とされています。

フォーマルスーツをお召しのシーンは周りもすべて黒色です。

黒の色艶、生地の善し悪し。

身体にフィットしているか。

借りた物か、オリジナルか、が一目瞭然です。

その中で、あなたを引き立たせてくれるのは、漆黒のフォーマル用に織った生地と、あなたの身体にフィットしたオリジナルなフォーマルスーツを着ることです。

フォーマルスーツをお求めのときは、日常的なスーツより1割以上のご予算UPをお勧めします。

出来る男のあなたが、より引き立ちます。

ご自宅・オフィスなどに、一着からでもお伺いいたします。

出張費無料。但し、100キロ超は交通費実費をご負担お願いします。

 

関連する記事:

 


お洋服のことならお気軽に何でもご相談ください。

メールはこちら
メール
パソコンやメールが面倒な方、お急ぎの方は、
お気軽にお電話またはファックスをください。
 電話 & ファックス 075-721-0880
 年中無休       
朝8時~夜10時

▲このページの一番上に戻る

内臓脂肪の撃退法