お気に入りスーツのお手入れには

外出から帰って、その日に着ていたオーダースーツなどを、そのままクローゼットに仕舞い込んでいませんか?

 

まずは、ブラッシングから・・・

部屋干し.jpg

【服を脱いだら】

ポケットに入っていた物をすべて出してください。

それを、引出や小箱、ザルなどにまとめて入れておくと、次に出かける時、その全部をポケットに戻します。

そうすることによって、ポケットの中の物の重みによる型崩れが防ぐことが出来ます。

また、スーツを変えたときになど、入れ替える時の入れ忘れもありません。

 

イガ虫.jpg

 コイガの成虫

【上着やスラックス】

それぞれハンガーに掛けて、ブラッシングをして、少なくても1日以上はクローゼットに入れない.

部屋干しをし、吸収した汗を発散させるために風を通してください。

ブラッシングと部屋干しは衣類に付いた汗などの水分や埃、衣類の虫の幼虫、卵も掃い落とします。

ほうきブラシ.jpg

【ブラッシング】

ブラッシングはまず、襟と肩付近を軽くたたく。

たたくことによって、生地の中の埃や塵を表面に浮き立たせる。

そして、上から下へ、襟から袖、裾に掛けて掃うようにブラッシングをします。

 

【ほうきブラシ】

私たちテーラーがお勧めは、箒ブラシです。

20~30センチほどの稲わらなど植物で作られた手ホウキです。

 

大きな糸くずなどは、ゆっくり掃き落とし、小さな埃やゴミ、花粉は先の方でサッさと掃います。

また、縫い目や生地に埋まった物(食べかす、乾いた泥)などは、箒の先を握って、ブラシ(たわし)状にして、軽くゴシゴシ擦ると、剥がれ落ちることがあります。

 

そのほか、カシミヤなど毛足の長い生地は、大きくゆっくりと毛並みに沿って、上から下へブラッシングすることによって、毛並みが揃った艶のあるカシミヤの生地に蘇ります。

フォーマルスーツの場合も、この手ほうきの方が、小さな目立つ埃も簡単に落とせます。

このように、植物性の手ほうきは生地を傷めず、静電気も起こりにくく、扱いやすく、手軽で、そして何より安い!

ホームセンターやスーパーなどで気軽に求めることが出来ます。

※ちなみに、ウールには豚毛、カシミヤには馬毛が良いとも言われて、百貨店などで売られていますが、手ほうきに比べると高値のプライスが付いています。

 

そのほかのブラシとしては、マジックブラシがあります。

一方方向にブラッシングをして、埃を落とすことが出来ますが、打ち込みのしっかりした生地にしか使えず、カシミヤなどの柔らかい生地には不得手です。ましてや、逆方向にブラッシングをすれば、ブラシに付いていたゴミや埃が洋服に絡みつき、生地を傷めることがあります。

 

虫対策はされていますか?

虫が一番好むのは、風通しの悪い、混みあった状態のクローゼットの中や蓋が閉まらないほど詰まった衣装箱。

ましてや、その衣類に食べ物のカスや汚れ、シミがあれば天国です。

ガリガリ、ボリボリ、衣類が穴ぼこ状態にしていきます。

 

ヒメマルカツオムシ.jpg

  ミメマルカツオムシの成虫

衣類に付く虫の種類として「イガ」「コイガ」ミメマルカツオムシ」などが代表的です。

その多くは、たんぱく質の多く含むかしみややオールウールの製品を好みます。

ちなみに、ポリエステルや化学繊維混紡には付きません。

衣類の虫食いを防ぐには、クローゼットの中を風通し良く、満員電車のようにあまり詰め込まないことがまず一番です。

食べ物の汚れやシミなども注意してください。

その上で、市販の防虫剤や匂いのある物を入れてください。

匂いのきつい石鹸、線香、アロマオイルや杉、ヒノキなどの細工物も防虫効果があります。

 

【親虫を退治しよう】

肝心なことは虫を寄せ付けないことです。

それには卵を産み付けないように親虫を退治することです。

衣類を食べるのは、それらの虫の幼虫です。

春から夏にかけて、親虫の蛾が飛び始めます。

それを見つけ次第、殺処分しましょう。

藍染ジャケット絹.jpg

【お勧めは藍染やジーンズの衣類】

藍染の原料の蓼藍は「蓼食う虫も好き好き・・・」と言われるように、藍染の衣類をクローゼットに入れておくだけで、防虫剤は必要ありません。

蚊取り線香の原料も蓼藍の種類から作っています。

 

「弊社オリジナルの本藍染めシルクジャケット」はこちらに詳しく解説しております。

 

衣替えのときに

春から夏へ、夏から秋冬へ、そして冬から春へと美しい四季の移ろいに合わせて、その時々に着る衣類も衣替えをします。

【クロゼットの中は風通し良く】

オフシーズンのものと、オンシーズンのものとがクローゼットの中で混在することだけは避けていただきたいです。

クローゼットの中が、それぞれのシーズンのものがまるで満員電車のような状態では、せっかくのオーダしたスーツはクチャクチャになり、時として虫の餌食になりません。

クローゼットの中は常に風通し良く、今のシーズンに着たい服がサッと取り出せるようにしておきたいものです。

 

【シーズンオフの洋服は何処に?】

大きなクロゼットルームがあればその心配ありません。

では、シーズンオフのスーツなどは何処に収納すればよいのか?

お勧めは、洋服箱や衣装ケースに収納することです。

ちょっと待て!

オンシーズンになって、箱などから出した時シワだらけになっているのでは・・・!

畳みシワが最小限度に収まる方法があります。

 

上着の畳み方

衣替え3.jpg

まず、上着を平らな状態に置いてください。

写真のように脇ポケットが自然に納まるようにしてください。

そして、上衿は必ず起してください。

上衿を寝かした(着用時)状態で畳むと、来シーズンに着ようとして箱から出してみると、ラペルの返り部分が、本来納まるべき第1ボタンよりかなり上の方になります。

オーダースーツの真骨頂の八刺しをすることによって、ラペルのボリューム感豊かな返り、丸く膨らんだ風合いを潰してしまうことになります。

 

衣替え2.jpg

必ず、上衿は起こしてください。

ポケット、脇が素直に置かれ、袖も自然にな状態に置いてください。

 

次は、袖を脇から上に斜め上方に(自然になります)脇下いっぱいから畳みます。

その時、端を引っ張ってシワを伸ばしておくと、次に出した時折シワはかなり少なくなります。

衣替え1.jpg

 

あとは、上着全体を半分に畳むだけです。

この畳み方が、来シーズンに洋服箱や衣装箱から出した時、畳みシワは最小限に抑えられます。

この時、袖を畳むところや上着を半分に畳む場所に新聞などを丸めたり、ポチポチを挟み込むと、よりシワになりにくいです。

この畳み方ですと、数着一緒に収納も可能です。

防虫剤を入れて、その上からビニールなど(洗濯袋)などを掛けて蓋をすればOKです。

 

霧吹き

衣替え.jpg

【シーズンイン】

箱から出した上着やスラックスはハンガーに掛け、衿を元通りに直し、洋服全体の形を整えます。

これからが、お勧めのシワ解消法です。

ハンガーに掛けた洋服に向かって霧吹きをします。

特に、シワの目立つ場所には、充分に霧吹きをしてください。

水が滴り落ちるぐらいでも大丈夫です。

ちょうど、障子紙を貼る時に霧吹きをする要領です。

そのまま、直射日光の当たらない風通しの良い場所に吊るしておけば、自然にシワは解消されています。

品質の良い、洋服ほど顕著に体験できます。

※霧吹きは、日常の着用後に行えば、次の着用時にはシワの無いスーツを着て出かけられますよ

 

クリーニングについて

ハーフコート.jpg

ウールやカシミヤなどの獣毛の生地には自浄作用があって、自然と汚れやにおいが取れる性質があります。

従って、スーパー120’sのスーツやカシミヤのコートなどは、あまりクリーニングに出さない方がよいのです。

再々、シーズンごとにクリーニングに出していると、良い素材の艶や風合いが損なわれます。

 

それも、ドライクリーニングは極力避けて下さい。

カシミヤなどの生地は紡毛と言って、撚りの甘く、」毛羽立って生地です。

そのカシミヤの生地を、やたら石油溶剤を使っているドライクリーニングをすると、生地表面のふわっと感が無くなり、最悪の場合動物の死んだような、ベタ~っとしてむらむらの感触になることがあります。

 

[ 簡単な手入れとしては]

アンモニア水や揮発油を薄めたもので襟や袖口の皮脂の汚れをサッと取り、そのあとよく絞ったタオルで全体を軽く埃汚れをふき取ります。

そして、ハンガーに吊るして、よく乾かし、上から下へ軽くブラッシングします。

 

ドライクリーニング&水性クリーニング

dry.jpg

【水性クリーニング】

衣服の汚れの90%はタンパク質、アンモニアや塩分ですから、埃や汗の汚れをよく落とします。

ご家庭の洗濯機で簡単に洗い落とすことが出来ます。

しかし、下着やブラウス、カッターシャツのような軽衣料は扱えても、スーツやコートのような重衣料はご家庭でクリーニングをすることは大変な手間と技術を要します。

繊維が縮み、乾燥や元の衣類に戻すのには一般の方には負担が多すぎます。

で、クリーニング店に出すときに、「ドライクリーニング」を指定していませんか?

 

【ドライクリーニング】

ドライクリーニングは年間を通して乾燥している欧米で発達しました。

石油系や塩素系の溶剤で、身体に付いた皮脂などの油性の汚れを落とすのに適しています。

衣類の伸び縮みが生じにくく、繊維に負担が掛かりません。

しかし、汗などのタンパク質や塩分の水溶性の汚れは落とせないため、高温多湿の日本には不向きではないでしょうか。

ドライクリーニングは大きなドラム状の洗濯機の中に、溶剤を入れ、ペーパーフィルターと活性炭でろ過しながら洗っています。

当然のことながら、その利用回数が多いほど溶剤はだんだんと汚れてきます。

その汚れが醜くならないうちに交換を怠ると、衣類の汚れや汗が濃縮された泥のような色になり、あの独特の臭い(脂肪酸臭)を発します。

ドライクリーニングの匀いと思っているのは、溶剤の腐敗臭なのです

 

【ゴワゴワのスーツ!】

毎年、衣替えのたびにドライクリーニングに出しているあなた!

衣服が年々弾力性がなくなり、ゴワゴワして買ったと時の風合いが失われた経験はありませんか?

これは、ドライで落とせなかった、汗の塩分や埃などが繊維の間に固まってしまっているからです。

それによって、繊維を傷め、ゴワゴワになり羊毛本来の弾力が無くなっています。

テカテカになっているのも、ドライの性と言っても過言ではありません。

 

【塩抜き】

私どもでは、スーツなどをお求めになってから、余程の汚れ、シミなどがない限り、3年間はクリーニングに出さずに、ブラッシングを小まめにすることをお勧めしています。

それでも、汚れが酷い場合や年数が経った衣服のクリーニングには「塩抜き」をお勧めしています。

水性クリーニングとドライクリーニングの混合方式です。

昔ながらのクリーニング店の職人さんは、水洗いで汗や埃を洗い流し、溶剤使用(ドライ)で皮脂や口紅などの油性の汚れを取り、水洗いとドライとをうまく使い分けしていました。

衣服のシワなどは大きな蒸気アイロンとプレス機で形を整え、仕上げをしていました。

今では、その職人さんも数少なくなって、一部のクリーニング店か、大手のクリーニング店の喜久屋、白洋舎、ナチュラルクインと京都府久御山のハッピークリーニングが取り扱っているとのことです。

料金はそれなりに高額になりますが、お気に入りのスーツをいつまでも気持ちよく着るためには、ある程度の投資はやむ得ないのではないでしょうか。

混合方式を取り扱っていないクリーニング店でも、水性(水洗い)をしている店で、クリーニングに出してみて下さい。以外にきれいになりますよ。

但し、仕上げのアイロンの使い方の上手のお店を選んでください。

 

私どもでオーダーされた、スーツやジャケット、コートについては、余程のシミや汚れが付いた場合以外は、日々のブラッシングだけで、シーズン毎のクリーニングはお勧めしていません。

 

関連する記事:

 


お洋服のことならお気軽に何でもご相談ください。

メールはこちら
メール
パソコンやメールが面倒な方、お急ぎの方は、
お気軽にお電話またはファックスをください。
 電話 & ファックス 075-721-0880
 年中無休       
朝8時~夜10時

▲このページの一番上に戻る

内臓脂肪の撃退法