教頭先生のお仕事と式典の服装

毎朝校門に立って、登校してくる生徒にやさしく声を掛け、見守っている教頭先生。

朝早くから、登校して、夜暗くなってから校門を締めて帰る教頭先生。

 

教頭先生

教頭(head teacher)は校長を補佐し、実質的に学校運営の実務全般を切り盛りします。

文部科学省によると、「教頭は校長、副校長を助け、校務を整理し、必要に応じて生徒たちの教育、授業も行う管理職の学校職員」となっています。

しかし、校長の代わりに校務の決済は出来ないのです。

即ち、校長先生は「校務(学校全体)を」司り。教頭先生は校長を助け、「校務を整理」するとなっています。

 

「整理」

校長の補佐役として、校長からの意思決定資料の整理。

校長や教職員間の連絡調整。

 

教員の教育。健康管理。一般教職員からの具申。

生徒や教職員のほかに、地域の会議やPTAなど校長の代理としての出席。保護者への対応。

 

超多忙な教頭先生

校内の見回りや、時には欠席した教員の代わりに授業も行うこともある。

昨今、少年少女、中高生の非行、暴力、はては殺人やいじめなどの報道でその矢面に立たされてインタービューなどを受けている教頭先生。

クレーム処理から校庭の草むしりまで、学校のなんでもや屋の厳しいお仕事の教頭先生。

校長を支え、一般教員の模範として、学校の雰囲気を作るのも教頭先生の役目ともいわれています。

 

激務です。残業時間が一番多いのも教頭先生です。

 

そのためにも、常日頃毅然とした態度が求められます。


その教頭先生も、京都市の場合、44歳以上で3年以上すると校長試験が受けられます。(地方によって差があります)

服装にしても、特に式典などでは、校長に次ぐフォーマルスタイルをすることによって、一層教頭としての立ち位置が強調されます。

 


入学式や卒業式などの式典で、校長先生のモーニングコートの着用は必須アイテムです。

お勧めのディレクタースーツ

そこで、校長先生を補佐する教頭先生にお勧めはディレクタースーツです。

ディレクタースーツ.jpg上着は、お手持ちのブラックスーツの上着を着用も可。

取り敢えず、ベストとコールズボンを・・・

格式的に、モーニングに次ぐフォーマルウエアーです。

ディレクタースーツの基本スタイルは。

上着は、黒または限りなく黒に近い濃紺でシングルピークラベルorダブルブレスト。

ベストは、オフホワイトまたは白襟付の上着と共地。

ズボン(スラックス)は、モーニングと同じ縞のコールズボン。
白襟ベスト - コピー.jpg

上着と共地の白襟付きベスト

将来的に、校長先生を目指しておられる教頭先生。

校長先生に栄進された時は上着だけ又は上着と共地の白襟付のベストを、追加するだけです。

校長先生を目指されておられる、教頭先生にぜひディレクタースーツをお勧めいたします。

 

 


お洋服のことならお気軽に何でもご相談ください。

メールはこちら
メール
パソコンやメールが面倒な方、お急ぎの方は、
お気軽にお電話またはファックスをください。
 電話 & ファックス 075-721-0880
 年中無休       
朝8時~夜10時

▲このページの一番上に戻る