薄い服は何故蒸れる

合繊(ポリエステルやウレタンなど)のトレーナーを着て暑い、温かいと経験されたことはありませんか

合繊、ポリエステル混紡は暑い

スキャーバルモデル_夏J.jpg

百貨店も軽装を演出するジャケットの種類が多く見られます。

芯地も薄く、中には裏地すらないもの、一枚仕立ての服も多く出回っています。

 

一枚仕立ての服が裏地付きより暑い。

汗をかくことがあることを経験されたことはありませんか?

 

生地は1枚よりも2枚重ねる方が暑いと決めつけていませんか?

 

合繊(ウレタンなど)のトレーナーを着て暑い、温かいと経験されたことはあると思います。

ポリエステル混紡は軽くて、シワになりにく特徴がある反面、通気性には今一で、時にはむっとした肌触りを感じることがあります。

 

お勧めは「天然繊維」

スーパー120’S、スーパー140’Sの極細ウールや、シャリ感抜群のキッドモヘア60のスーツ。

極薄素材のジャージや肩パットの入っていないシャツジャケット。

シアーサッカー。麻、リネン、綿、シルクなど軽くて通気性に富んだ素材が多く並んでいます。

 

アンコン広身返し.jpg

広身返しアンコン仕立て

1半裏.jpg

半裏仕立て

コットンを原料とする「キュプラ」も天然繊維と同じ性能を持っています。

1枚仕立てやアンコン仕立(見返しが共地)の服より、キュプラ裏地を付けた半裏仕様の服が、涼しく快適なのです。

 

気になるインナー (カッターシャツ)

クールビズ.jpg半袖は、確かに肌が出ている分涼しく感じますが、ジャケットを羽織ると汗で袖の中が蒸せることがあります。

汗塩によって袖裏を痛めることにもなります。


ビジネスでは、長袖が常識と認識してください。長袖を折って着た方がマナーに叶っているし、スマートです。

 

細番手の綿ローンや麻がお勧め。

 

ポリエステル混紡の長袖は、汗だくで地獄ですよ。

 見せない工夫

スキャーバルモデル_下着(2).jpg欧米ではワイシャツは下着として扱われています。
しかし、高温多湿の日本、特に梅雨時には素肌にワイシャツを直に着ると、汗染みが出来たり、においも残り、肌が透けてたり様々なトラブルが生じます。

 

そのような意味からも、肌着(インナー、アンダーウエア―)は欠かせない梅雨時のアイテムです。

 

合繊(ウレタンなど)のトレーナーを着て暑い、温かいと経験されたことはあると思います。

合繊の下着もしかりです。

 

暑い、蒸れるの原因は「身体から常時発散さてている気体の汗」

この気体の汗が、こもって飽和状態に達すると液体の汗が流れ始めます。

従って、気体の汗をきっちりと吸い取って吐き出してあげることが、蒸れを押さえ涼しく着こなすポイントなのです。

天然繊維の良さは「気体の汗」を繊維の1本1本の中に吸い込み、吐き出す力(吸放湿性能)を持っていることです。

 

お勧め素材は、汗を吸収しやすい素材、綿100%や麻のクレープなどは肌触りもサラサラして気持ちよく着られます。

 

シャツの第1ボタンをはずして風通し良く・・・
しかし、首元から下着が覗いてはイメージダウン。 バツ印が付く。

ワイシャツの襟もとから見えないVネックやUネック。
ノースリーブや肩を覆うようなフレンチスリーブのインナーは、下着を付けていることが目立たない。

 

一方、ランニングシャツには、女性はダサい感を持っていることを知ってほしい。

涼しげであるが、シャツの形がはっきり見えて、一番汗をかく脇部分が大きく開いて、汗がシャツに染みやすい。

汗が肌に直に張り付いて着ている本人も気持ち悪いし、他人にも不快に思われます。

 

高温多湿の日本の夏、吸湿発汗を考えた対策をして、楽しく涼しく快適にお過ごしください

(資料:旭化成ライニング研究所)

 

 


お洋服のことならお気軽に何でもご相談ください。

メールはこちら
メール
パソコンやメールが面倒な方、お急ぎの方は、
お気軽にお電話またはファックスをください。
 電話 & ファックス 075-721-0880
 年中無休       
朝8時~夜10時

▲このページの一番上に戻る

内臓脂肪の撃退法